医薬品

コエンザイムQ10の安全性

多くのサプリメントが開発され、販売されている中で、誰もがよく耳にする成分の一つにコエンザイムQ10があります。
コエンザイムQ10は、体中のミトコンドリアという細胞の中の補酵素として存在しています。
補酵素は酵素の働きをサポートする働きがあります。

酵素は、体の新陳代謝、消化活動、運動など生命を維持するため必要な働きをするために活躍しています。
酵素はほとんどがたんぱく質で形成されているため、ビタミンなどの補酵素と組み合わさることで、化学反応を起こします。
すると、生命維持するための動きをすることができます。

そんなコエンザイムQ10は、体にもとからあった補酵素です。
20代をピークに年齢を重ねるごとに減少してしまいます。
80代になると半分以下に減少していしまいます。

そんなコエンザイムQ10の研究によって分かったこととして、心疾患の人にはコエンザイムQ10が一般の人に比べて少ないということです。
さらにコエンザイムQ10には、活性酸素を除去する働きがあることが分かりました。
よってうっ血性心不全の患者の医療薬として使われることになりました。

このことからコエンザイムQ10は様々な研究を重ねた結果、医薬品として使用さたという歴史があります。
それだけ効果が期待できるため、体に安全なものといえます。
その後健康食品としても販売を許可されたということは、今まで以上に手軽にコエンザイムQ10が入手できるということになります。

もちろんコエンザイムQ10は一日に必要な摂取量が決まっています。
多くのサプリメントは過剰摂取すると何かしらの副作用を起こす場合が多いです。
しかしコエンザイムQ10は、過剰摂取http://goti.jp/tadasikuhukuyou.htmlしても副作用が発生する確率がとても低いとわれています。

なのでその摂取量がしっかり守られていれば、なんの問題もなく安心して摂取できます。

このページの先頭へ