医薬品

コエンザイムQ10はどのくらい摂取してよい?

サプリメントが普及している中で、コエンザイムQ10を知っているという人は多いのではないでしょうか。
コエンザイムQ10は、私たちの体を維持していくために必要な酵素をサポートする補酵素という役割をしています。
体のあらゆる細胞にコエンザイムQ10は含まれているため、とても重要な働きをしています。

コエンザイムQ10は、抗酸化作用を持っています。
この抗酸化作用は活性酸素を除去する働きがあります。
活性酸素は、体のあらゆる細胞で発生してしまうもので、蓄積されると細胞を酸化させてしまいます。
酸化した細胞は正常に働くことができなくなり、体にいろんな悪影響を与えてしまいます。

例えば皮膚酸化するとシミやしわができてしまいます。
また内臓に蓄積されると悪性腫瘍となり、がんを引き起こしてしまう場合があります。
このようにコエンザイムQ10は、私たちの体にはとても重要な働きがあります。
なので一人でも多くの人が積極的に摂取したい成分といえます。

コエンザイムQ10を摂取する方法として、まず毎日の食生活から摂取することができます。
コエンザイムQ10の一日の摂取量を食べ物に換算すると、イワシ12匹分、牛肉か豚肉が2キロ、ブロッコリーでは7キロも必要になります。
それだけ食事だけでコエンザイムQ10を補うのは難しいということです。

そこで手軽な方法として、コエンザイムQ10を配合したサプリメントの活用です。
一日の必要摂取量は、約60㎎といわれています。
一日数粒で60㎎が補える商品を選ぶようにしましょう。

コエンザイムQ10のサプリメントの場合、そのほかの栄養素と組み合わせて販売されていることが多いです。
そのため、いろんな成分が入っている方がいいと思いがちです。
しかし本来櫃湯落としているコエンザイムQ10の配分量がどのぐらいあるのかをしっかり確認してから購入するようにしましょう。

また早く効果を得たいという思いから、過剰に摂取するのはやめるようにしましょう。
必ず用法用量を守って摂取しましょう。

このページの先頭へ