医薬品

コエンザイムQ10はどうやって作られているの?

今多くのサプリメントが販売されている中で、コエンザイムQ10が配合されている商品をとても多く見かけます。
サプリメントはもちろんですが、食品や化粧品などにコエンザイムQ10が配合されていると書かれているものが多いです。
そこでコエンザイムQ10とは、どのようなものでどのようにして作られているのでしょうか。

私たちの体は約60兆個もの細胞から形成されています。
そんな細胞の中でもミトコンドリアは、体のあらゆるところに存在している細胞の一つです。
コエンザイムQ10は、ミトコンドリアの中に含まれている補酵素の一部です。
そのため体のあらゆる場所に存在しています。
中でも多く存在しているのが、呼吸関係の臓器で心臓、肝臓、腎臓らに特に多くみられるのが特徴です。

そんなコエンザイムQ10は、私たちが生まれたときから体内に存在している補酵素です。
体内の中でも形成することができますが、主に毎日の食事から摂取することができます。

ただしコエンザイムQ10は年齢とともに減少してしまう成分です。
20代前半が最も多く、そこからどんどん減少していってしまいます。
40代には、3割減ってしまい、80代になると半分以下になってしまいます。

なので食事などで積極的に摂取していきたい栄養素の一つです。
ただし一日に必要な摂取量を食事で補うのはとても困難といわれています。
なぜなら、最も多く含まれているイワシを毎日12匹も食べなくてはいけません。
そのほかにもブロッコリーなら7キロ、牛肉も2キロ食べなくてはいけません。
なので毎日の食生活で十分なコエンザイムQ10を摂取するのはとても困難だといえます。

だからこそコエンザイムQ10のサプリメントが有効的だといえます。
特にコエンザイムQ10は小腸で吸収され、体全体にいきわたるという特徴があります。
しかしその小腸ですべてが吸収されるわけではなく、半数以下しか吸収されません。

コエンザイムQ10のサプリメントはその性質をよく把握して作られているため、より吸収率が高く細分化して作られるなどの工夫がされています。
より吸収率を高めることで、早い効果を期待することができます。

このページの先頭へ