医薬品

還元型コエンザイムQ10って?

1957年にアメリカで初めてコエンザイムQ10が発見されました。
それ以降コエンザイムQ10の研究がつづけられています。

コエンザイムQ10トは、体内あらゆる細胞に含まれているミトコンドリアの一部です。
コエンザイムQ10は補酵素として、酵素の働きをサポートする役割があります。
酵素は、私たちの命のかかわる大事な働きをしています。
運動をしたり、家事をしたり、仕事など何かする際には、頭を動かしたり、手足を動かす場合にエネルギーを使用します。
そのエネルギーを、毎日の食事から分解してエネルギーに変える働きがあります。

そしてもう一つの働きに対して強い抗酸化作用があるということです。
活性酸素は老化や肌へのダメージ、ガンなどの重病を引き起こす要因だといわれています。
この活性酸素を除去する働きを抑える効果がるということです。

このような効果が期待できることからコエンザイムQ10は一気に需要が高まりました。
そんなコエンザイムの研究は進み、日本でコエンザイムQ10は二種類あるということです。
酸化型コエンザイムと還元型コエンザイムがあることがわかりました。

それではどの様な違いがあるのでしょうか。
今までのコエンザイムQ10のサプリメントは、ほとんどが酸化型のアプリメントが多かったです。
体内にもとからあるコエンザイムQ10は、還元型のコエンザイムQ10となっています。
そのため酸化型のコエンザイムQ10を取り入れると体内で還元型に変換してから活動し始めて効果が期待できます。
しかし酸化型コエンザイムQ10は過度のストレスや年齢の影響を受けやすくなっています。
ストレスなどの影響を受けた酸化型コエンザイムQ10は、減少してしまい還元型に変化するころには効果が薄くなってしまいます。

この還元型コエンザイムQ10を開発したのは、日本が初めてです。
還元型のコエンザイムQ10であれば、摂取したら減少することなくそのまますぐに活動することができます。
なのでコエンザイムQ10を摂取するならば、なるべく還元型のほうがお勧めです。

このページの先頭へ