医薬品

コエンザイムQ10と飲み合わせの悪い薬はある?

今サプリメントがとても普及しています。
何かしらのサプリメントを摂取したことがあるという人が多いのではないでしょうか。
サプリメントを選ぶ際に、いろんな効能がかかれています。
なので、ついあれもこれもと効果を期待して購入したくなってしまう人もいるでしょう。

すべてにおいて効果的なものというサプリメントはとても少ないです。
そんな中で、コエンザイムQ10は体内のあらゆる細胞に含まれてる補酵素の一つです。
コエンザイムQ10を知っているという人もとても多いのではないでしょうか。

コエンザイムQ10は、もともと体に存在している補酵素です。
しかし20代をピークに、次第に減少してしまう補酵素です。
40代になると70%まで減少してしまい、80代になると半分以下になってしまいます。

そんなコエンザイムQ10は、抗酸化作用があり、エネルギーを生み出す力もあります。
なので積極的に摂取したい成分の一つです。

ただし摂取する際には気をつけなければいけないことがあります。
それは、組み合わせがよくない薬があるということです。

まずコエンザイムQ10は、心臓の細胞に最も多く存在しています。
なので摂取したとき、心臓に影響を与えやすい成分だといえます。
普段から心臓に疾患があり常備薬を摂取している人は、かかりつけの医師に相談してから摂取するようにしましょう。

そのほかには高コレステロール血症の薬として処方される、スタチン、メバロチンなども相性が悪い薬の一つです。
これらの薬はコエンザイムQ10を減少させてしまうため、せっかく摂取しても思ったような効果が期待できない可能性が高いです。

コエンザイムQ10には血圧を下げる効果もあります。
なので普段からブラビックスやエバデールといった血圧を下げる薬を処方されている場合は、必要以上に血圧を下げてしまうことにつながります。

またそのほかにも血栓予防薬を処方されている人も注意が必要です。
コエンザイムQ10の摂取は、血栓予防薬の効果を打ち消してしまいます。
なので血栓ができてしまうリスクが高まってしまいます。

このように体にいいものでも薬との相性によっては、悪影響を与えてしまう場合があります。
普段から何かしらの疾患を抱え常備薬を服用している人は、かかりつけの医師に相談してから服用するようにしましょう。

このページの先頭へ