医薬品

サプリメントとしてのコエンザイムQ10

今多くの人がサプリメントを日常生活に取り入れるようになりました。
その背景には、毎日の食生活がとても不規則になっているということがあげられます。
仕事で遅くまで働いている人も増え、若い世代の家庭では共働きの家庭がとても増えてきています。

食生活も和食中心の日本食から洋食が中心の欧米化の食事が増えてきています。
そのため野菜不足の人が増え、糖分や脂質を過剰に摂取してしまっている人が増えてきています。
これにより生活習慣病やがん、糖尿病、動脈硬化など大きな病気を引きおこしてしまう人が増えました。

健康志向が高まっている中で、体に必要な栄養素をとることは大変です。
しかし、毎日の生活環境をすぐに変えることはとても難しいです。
よって簡単に必要な栄養素を摂取できるサプリメントの需要が増えてきました。

多くのサプリメントの中でもコエンザイムQ10は、いろんな会社から発売されています。
それだけ重要な栄養素だということが分かります。

コエンザイムQ10は、体の細胞のミトコンドリアに含まれている補酵素です。
酵素のサポートをして、新陳代謝、消化活動など生きていくためには必要な働きをしています。

コエンザイムQ10は元々体に存在していた補酵素ですが、
http://www.koytravel.com/omo.htmlにも書いてあるとおり年齢とともに減少してしまいます。
体内での形成が難しい補酵素なため、毎日の食事で摂取しなくてはいけません。
一日の必要摂取を食事で補うためには、牛肉で2キロ、イワシ12匹、ブロッコリーは7キロ食べなくてはいけません。
これらの量は食生活の中で取り入れるのは不可能なことです。

さらにコエンザイムQ10は小腸で吸収されて、体全体に行き届きますが、吸収率が悪く6割近くが吸収されずに終わってしまいます。

このような特徴を考えると手軽に無理なく摂取できるコエンザイムQ10のサプリメントはとても有効的だといえます。
さらに吸収率をあげるために、研究を重ねて様々な形のサプリメントが開発されています。
食生活では補えきれない分、サプリメントであれば、吸収率も高く手軽に一日の必要摂取量を確保することができます。

↓人気コエンザイムQ10ランキング
   

このページの先頭へ